2019/09/28
 Back
 

 

2019 12月 コラム


 2019年も残り少なくなりました。年の瀬になるとなぜか気忙しく落ち着かなくなります。掃除やおせちの準備も気になります。温泉や海外で過ごす方法もあるのに毎年同じような新年を迎えています。さて振り返れば年明け早々からいろんなことが起きました。良いことより好ましくないことのほうが印象的でした。未解決の山積み状態ではないでしょうか。表に出た問題についての真摯な説明や議論はなされたのでしょうか。国会の答弁を聞いていても納得のいく説明は聞くことができません。まるではぐらかし大作戦大賑わいで時間だけが過ぎていきました。このような国会で良いのでしょうか?また国会審議の時間帯にも疑問です。国民の大部分が働いている時間になされてはじっくり聞くこともできません。後でピックアップされた部分だけをマスメディアによって知るのが常です。時間帯が変わっても同じ内容が繰り返し報送されているだけです。問題の周辺までは報じるけれど大切な部分までは踏み込まないまま時間が過ぎていきます。良くないことを中途半端にしたままで良いのでしょうか。地盤が不安定な砂の上に築かれた家で生活をしているようで不安です。迎える2020年がさらなる不安材料を積み上げることにならないよう意識を高くもち、好くない事を見極めるようにしなければと思っています。大事になる前にリスク回避をしがちですが、問題に蓋をしては何も解決しません。最近表に出た問題は公金を使ったある会の出席者選びの基準への疑問が出ました。それに対して出席者名簿はシュレッダー処分し、資料として残していないとの事でした。私費ならともかく税金で賄う行事の記録保存がないとは・・・。この問題でもう一つの驚きは某テレビ番組の出席者がこんな事で時間を取られる事こそもったいない。他にやるべき事が沢山あると言う人がいました。ではこの問題は大事ではなく、何が大事なのか。またどうしてこの人はこういうことを言うのかとても疑問かつ不愉快になりました。本当の火事の時は大急ぎで火消しをすべきですが、より良い社会構築のためには税金の使い道や議論はとても大切です。10月から消費税が2%upしました。一般人にはあらゆるとろに税金が上乗せになって大変です。このような使い方をして誰も責任を取らず、都合が悪くなれば矛先をぼかしたり、資料をシュレッダーにかけたり、携帯電話の通話記録やメールの消去でごまかす世の中があたりまえにならないような良き新年2020を迎えたいものです。皆々様には大変お世話になりました。


  ミヤコ